<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キャリラボ放送局

3月もあと数日。
今年度もまもなく終了し、1年の4分の1が過ぎることになるんですね…。う~ん、早い。
今年は特に早い気がする。
さて、この時期もっとも多忙を極めているのは就活生。

MCを担当している「キャリタス就活」の放送スタジオです。








f0200114_10360058.png







各社の人事の方とお話してみると、社ごとに企業風土もそれぞれ。
大切にしていることも多様で、とても面白い。
そして、学生を見る目が温かく学生の「長所を見よう」という姿勢を強く感じます。
私たちの頃は少し厳しくて「圧迫面接」なんて言葉もあり、
学生の本気度とかタフネスなどを試されることがままあったかと記憶していますが、
今は就活にあたってのアドバイスやポイントを指南してくれることも多いし(いいなぁ~)、何といっても情報が豊富!
そして、ネットを通じ、どこからでも人間関係が築ける!
可能性は無限ですね (・∀・)

放送中は、学生からチャットでバンバン質問が書き込まれる。
時間の限りお答えしていくやりとりが、これまた興味深いです。
こういう場は、またとないチャンス!ということで、より率直な疑問が上がってくる。
学生側から企業に鋭い意見が届いたりしても、そこに答えてもらえるんです!時代は変わったなと思います。

さあ、みんな、いい春にしよう~ (・∀・)♪





by e-veryday | 2016-03-28 23:35 | work | Comments(1)

マレーシア⑦クアラルンプールの人々

クアラルンプールの人は鷹揚で、ど~んと構えた人が多かったなぁという印象。
乗らないタクシーに道を尋ねたり、ライバル店であろう店員さんにどうしても行きたいお店の入口をやむなく尋ねたりしても
全く嫌な顔せず親切に答えてくれる。
「タクシー乗らなくても無料シャトルバスがあるよ~。乗り場はあっちだよ~。」
って、客待ちのドライバーさんに言われたこと、ありませんでしたw

道行く人も親切でした。
ホテル前の道路。押しボタン式の横断歩道。
待てども待てども信号が変わらない。近くでのんびりとしていたおじいちゃまに
「どうやって渡るの?」と尋ねると、
「(そのまま)渡れ渡れ」という。
どうやら、信号が壊れて!いるみたいだ。

(車がびゅんびゅん猛スピードで飛ばしていくのに??)
どうしようもなくたたずんでいたら…。

そのおじいちゃま、むんず!と私の手を掴み、道路の向こう側めざして走り始めた!!
本当にびっくりしました。
ふたりして必死で渡り切った後で、安心して、大笑い。







f0200114_22294726.jpg






また、隣接駅への道がどうしても分からなくて、駅前で作業をしていたグループのひとりに恐る恐る話しかけると、
説明してくれる → やっぱり分からない、で
その人、困った末、グループの仲間と何やら相談を始める。

「今から車移動して作業始めるんだけど、途中だから乗せて行きます。
どこの交差点で降ろしたらいいですか?」

グループでは道順をどうするかでマップを見つつあれこれ議論になり(朝のラッシュで混んでいる?)、
ドキドキしながら待っていると、
オッケー (・∀・) で、乗せてもらいました!!!

わずか数分のヒッチハイク?だったのですが、
グループメンバーは朝の雑談に花を咲かせていて、
なんだか私も彼らとともに仕事に向かっているような気持ちになってしまった。
「あっちにマーケットあるよ~。シーユー。」で車は去っていった。







f0200114_22191835.jpg





自然も建物もよかったのですが、何より人々の温かさに元気をもらいました。
それにしても、暑かった~。好きな季節を先取り?できたようで、予想以上にクアラルンプール、楽しかった。また行きたい。











by e-veryday | 2016-03-18 10:17 | | Comments(4)

マレーシア⑥ブルーモスクでの会話 2

「ブルーモスク」は名の通った観光スポットではあるものの、
クアラルンプール都心から距離があるからか思ったより人が多くない。
入口が開かないので写真を撮っていると、「撮りましょうか~」と声をかけてくれました。








f0200114_23045734.jpg

(誰もいない)







ブルーモスクは中をガイドしてくださる方がいるとのことで、
これまたとても親しみやすいおじいちゃまが迎えてくださった。
記帳を、と促されたので(芳名帳があるんですね…)名前と「Japan」と書き入れ、
女性スタッフの方に全身と顔まわりを覆うローブを着せてもらい、中へ。背筋がのび、少し緊張する。








f0200114_23053374.jpg







靴を脱ぎます。まずは、ミナレット(塔)やドーム型天井についての説明と、手洗い場、礼拝の進め方についてのお話。
「フォト。」とおっしゃるので、写真NGという表示があったのに?と聞きなおすと、
「私がいる時はOKなのだよ~!」だってw

礼拝スペースの中には入れません。右上の写真は前方を見たところ、左下は建物中央の天井内部です。
天井の装飾は華奢なデザインながら、全体で眺めなおすとダイナミックで、宇宙を思わせるような大きな渦と曲線。
吸い込まれそう。そして、声が心地よく回り響く。導師(イマム)の朗誦がよく聞こえそうです。







f0200114_23060146.jpg







ここでもいろんな話が聞けました。
「お祈りはみんな暗唱できるの?」「海外出張や病気の時はどうするの?」「どうして一か所に集まるの?」…
おバカな質問にも快く答えてくれて、とても興味深かったです。
日常生活上で守るべき項目が多く、厳しそうなイメージがありますが、
身近で気も楽に(といえば語弊があるかもしれませんが、重々しい気持ちではなくという意味で)行っている、という印象を持ちました。

さて。
ここでガイドのおじいちゃまにも、タクシー青年と同じ質問をしてみました。

「祈りはコンセントレート!集中じゃ!!心を込めて生活できるようになるからな (・∀・) 」 とのことでした。
思いは人それぞれですが、
話が聞けた2人にとって、生活のよきリズムになっているのは間違いなさそうです。








f0200114_14533608.jpg








クアラルンプールにいると、時おり、アザーン(礼拝を呼びかける節回し)がかすかに聞こえてくる。
それを聞くと(お祈りが始まるのだな…)と
それぞれに心を込め、過ごしているだろう人たちに思いを馳せるようになったのだった。

次、まとめます…





by e-veryday | 2016-03-16 09:24 | | Comments(1)

マレーシア⑤ブルーモスクでの会話

入口が分からずじまいだった、クアラルンプール駅。
ホテルの方に尋ねると、なんと入口まで送ってくださった。

造形の美しさから知られている「スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク」へ向かいます。
愛称『ブルー・モスク』 どんなブルーが見られるのか、楽しみです。

ちょっとした鉄道旅。







f0200114_23051412.jpg

f0200114_23052375.jpg









クアラルンプール郊外の、シャー・アラム駅。
ここからはタクシー移動となることは知ってはいたものの、駅周りの写真を撮っていたら、数台しかいないタクシーは
あっという間にいなくなっていて…

残り1台。

おろおろしていると、タクシーのドライバーさんが相乗りを進めてくださって、地元の人らしい2人とご一緒することに。
ドライバーさんは明るくて、「ユーはどこから来たの~?ホンコン?」などと愛想を振りまいてくれる。
無口な一人がすぐ近くで降りていくと、
隣に座った青年に話しかけられた。「ここは初めて?」「マレーシアは気に入った?」

クアラルンプールでは「どこから来た?」と話しかけられることが多くて、
「ジャパン。トーキョー。」と答えると、にっこりと満足そうに去っていく人、
「へ~。ジャパンといえばさ~」とさらに話が続く人、いろいろ。人懐っこい印象。

それで、その青年は「観光だよね~モスク見たいの~?」と聞くから、
「イスラムの建物をこの目で見てみたい」と答えると、
「イスラムについて知りたいことある(^^ ?」ときた。少しドキドキしたのですが、いろいろ質問してみました。

私「ブルーモスクはどうしてブルー?」
青年「さぁ?特に色は関係ないよ。ブルーは人間が落ち着く色だし、海を表しているのかもねー」

1日5回という礼拝について更に聞く。

私「必ず5回?」青年「絶対5回」
私「お休みはないんですか?」青年「ないね ^^ 」
私「お祈りの時にはどんなことを考えているの?」

青年の答えは、こんな感じのことだった。
「お祈りの言葉は、僕にとっては癒し。疲れた時に、自分だけじゃなくて、
皆の幸せを願う言葉に乗ると、ほっとするんだよね…。だから休みたいと思ったことはないし、
お祈りの時間で元気をもらう感じかな~? メディテーション (瞑想) 効果だよ 」

と言って、コーランを少し吟じてくれた。
青年はアフガニスタンから来た人で、付近のショッピングセンターなども丁寧に教えてくれたあと、
ビジネスビルの前で「じゃ~ね~。暑いから(?)ご飯をしっかり食べるように~」降りて行った。


ドライバーさん「あんた面白いね~名前は?」
「エリ」
「エビ?」
…おじちゃんの方がよっぽど面白い。

モスクに到着しました。







f0200114_23050656.jpg







写真が逆光になっちゃいましたが、白い外壁が輝くようで息をのむ美しさ。
お祈り時間終了後を目指して完璧な到着時間だったのに、「しばらくお待ちを」で、15分経った。
暑い。続く。









by e-veryday | 2016-03-14 23:23 | | Comments(2)

マレーシア④ホテル・マジェスティック

今回の旅の宿は「ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール」






f0200114_11323764.jpg






1932年に建てられ、クアラルンプールの社交場としての役割も担っていたらしい。2012年に再オープン。
建物のことをいろいろお伺いしたいなと思っていたところ、
チェックイン時に日本人スタッフの方が一巡り、案内してくださいました。一部ご紹介します(^0^)

旧館はスイートルーム。






f0200114_21482711.jpg

f0200114_21484530.jpg






ホテル好きに知られているのは、猫足のバスルーム。バスタブに身を沈めるだけで女子力がアップしそう…
写真では分かりづらいのですが、シャワー管の描くカーブが、これぞ、ザ・クラシック!の様相で、目がハートになりました。






f0200114_21494913.jpg
(いつか使ってみたい)




客室以外にも、別室がいろいろ。
待合室の客間やビリヤード台を眺めながらのバーカウンター、
葉巻の部屋には、洋服の上に着る煙除けのガウンなど







f0200114_21514620.jpg

f0200114_21502519.jpg

f0200114_21582375.jpg







昔はこの小さなスペースがレセプションだったそう。
ひとりだと見落としそうなところに、名残が多くある (・∀・)







f0200114_21505957.jpg






スパルーム。2ベッド並んだカップルズ・ルーム(かな?)がありました (#^.^#) 。0
パパイヤやバナナなどの果物&ラベンダーなどの花のエキスを使った、自然の恵みをたっぷり感じられそうなマッサージが受けられます。






f0200114_22050446.jpg






案内してくださったのはこの方。





f0200114_22121548.jpg






歴史的見どころを分かりやすく解説くださいました。
私の執拗なw質問にもプラスアルファを加え答えてくださる。
さらに、ホスピタリティが感動もので…
「この後はどうなさいますか?」で、すぐ手配に入られる。
(今回は弾丸スケジュール。時間を無駄にしたくない~!という思いを瞬時に読んでくれているのかな…)
外出から戻るとフロントで「ご予定はいかがでしたか?」とお声がけをいただくし、
視線を泳がせるとその先にあるものにすっと寄り添ってくださる感。
帰国便直前、荷物を汗だくで取りに帰った時にはシャワールームを手配してくださったのですが、
気が付くと、お部屋のお迎えに女性スタッフが…そしてドアの外に出るや否や
「(飛行機に)間に合います」とにっこり。
シャトルバスにまで連絡をしてくださっていて、数分の間の出来事に感動しました…。
素晴らしかったです。ずっと気にかけてくださっている安心感の中、幸せな滞在時間でした。
もっとゆっくり過ごしたかったです。






f0200114_22575103.jpg
f0200114_22491275.jpg
f0200114_22360172.jpg









一度は宿泊してみたいホテルはどこもいいお値段ですが、クアラルンプールでは比較的手が届きやすい設定になっています。
アジア旅に出たい方、クラシックホテル・「マジェスティック」を訪ねられてみては。



続いて、得難い経験をしたブルーモスクについて。




by e-veryday | 2016-03-09 22:40 | | Comments(4)

マレーシア③マラッカカラー

クアラルンプールから高速バスで2時間と少し。マラッカにやってきました。
到着してしばらくは、あまりの暑さにしばし日陰から動けず…(・ω・;)

散策は、ランドマークでもある「オランダ広場」からスタートです。
さっそく、目を見張る。サーモンピンクとうっそうとした緑のコントラスト。






f0200114_11062888.jpg







街は徒歩で回れるのですが、暑さが厳しいこともあり、
トライショー(自転車タイプの人力車)が幅を利かせています。






f0200114_10502240.jpg






日本を意識してくれているのか、世界共通の人気者だからなのか、こういったキャラクターでデコレートした車が多かった。
オーディオからは爆音で音楽が流れていて、街宣車のよう。
現地の歌謡曲?から、ブラック・アイド・ピーズ、江南スタイルまで、曲はドライバーさんの好みが反映されている模様。
「このおじちゃまは演歌ファンなんだ」「この若手はビルボードチェックしてそう」
いろいろ想像が膨らみました (・∀・) w

ここは、マラッカ王国からポルトガル、オランダに統治された(日本やイギリスも入った)歴史を持ち、
残された建造物はクアラルンプールより数段古く、ヨーロッパの面影が濃い。






f0200114_22015979.jpg






そしてもう一つ。マレー系と移住してきた中国系との間の子孫が受け継いできた「プラナカン」文化。
明るいピンクとグリーンがふんだんに使われているアンティーク食器が女性に大人気。





f0200114_22155376.jpg







中国寺院と周辺のお香屋さん
このあたりは美術品まで撮影がほとんどオッケー






f0200114_22222683.jpg






ここを訪れてみたかったのは、「マレーシアの原点とされる古都」、「世界遺産」、これらのキーワードも大きかったのですが、
目の覚めるような色使いの街並みをこの目で見て感じてみたかったのが一番の理由なんです。






f0200114_10501194.jpg
(ショッキングピンクの橋を初めて見ました)







暑さで、シャッターを押すのが本当にどうでもよくなるくらいにもなりつつ、
それでも何枚か撮ることができました (´▽`)♪








f0200114_23091844.jpg




f0200114_23091154.jpg




f0200114_23092879.jpg





夜のライトアップや週末の市も楽しいそうですよ。素敵な街でした。






f0200114_23462345.jpg





続く。
次は、今回本当にいい時間をいただけたクラシックホテルについて。








by e-veryday | 2016-03-04 23:12 | | Comments(1)

マレーシア②お買い物対決!オリエンタル街VS大型SC

アジア各地からの品が集まるクアラルンプールはお買い物天国。
近隣のシンガポールに比べるとかなりのお得感があるということで、多くの人を集めています。
欧米からの人も見かけました。
ショッピング・スポットは各地で表情が全く違います。


チャイナタウン&セントラル・マーケット=オリエンタルゾーン





f0200114_19431640.jpg




トルコ、インド、中国…足を踏み入れると、アジア中を広く旅している気分を味わえるセントラル・マーケット。
お客さんは商品の「国籍」については、あまり気にしていないみたい。
建物の外側には似顔絵屋さんや飲食屋台もあり、本当にノージャンル(カオス!)。





f0200114_19441257.jpg






KLCC&ブキッ・ビンタン=大型SC




f0200114_19433555.jpg





ツインビルは高さ世界一(ツインビルとしては)。
夜景が素晴らしい模様。近くで見ることは今回できなかったのですが、
帰国便の飛行機の中から外を眺めた時、このツインタワーだけが夜景の中からはっきりと浮かび上がっているのを見つけて驚いた。
次回は登ってみたいです。
この2大エリアはショッピングモールがたくさんあり、回りきれない。これも次回かな。






f0200114_19584908.jpg

(緑が多く散歩だけでも開放的な気持ちになります)




次はマラッカへの旅について。





by e-veryday | 2016-03-02 23:35 | | Comments(2)

マレーシア①クアラルンプール市街の建築

マレーシア旅から戻りました。暑かったです!!!
強烈な熱気、到着早々「32度!」という声がどこからとなく聞こえてきました。夜なのに…
気温を意識した服装で挑んだのですが、
あっという間に背中から汗が流れ落ちるのだった (・∀・)!!


さて。翌朝。早速クアラルンプールの街歩きに出ました。
マレー文化をベースに、インド方面からのイスラム文化、移住者である中国系の文化など、
さまざまな様式がミックスされた場所。

高いところから見ると、ところどころ、
独特な形をした歴史的建造物の屋根がのぞいていました。

クアラルンプール駅。






f0200114_16462439.jpg





『美の巨人たち』のオンエアで見かけて以来、気になっていた白亜の美しい建物。
イギリスの建築家の設計ですが、
ドーム型の天井装飾など、各所にイスラム系のシルエットが取り入れられています。
光の中で、白さがまぶしくて感動。華奢なシルエットがとてもエレガントです。
この駅、現役なのですが、入り口がわかりづらい(かった)。ドアを開けたら「オフィース!」って言われ…すごすご退散。
(後でトライしよう)

そして、イスラム系の建造物といえば、モスク(寺院・礼拝堂)。
今までイスラム文化をリアルに感じる機会がほとんどなく、今回は絶対に間近で!と思っていました。
マスジット・ジャメ






f0200114_16463817.jpg






礼拝中は見学不可です。
建物の手前くらいまでは大丈夫かな?と期待してみましたが…門のところでシャットアウト。
神聖な時間ですよね。






f0200114_16460224.jpg





スルタン・アブドゥル・サマド・ビル
旧連邦事務局で、今は最高裁判所です。
どの建物も大きく歩道いっぱいまで奥行を取っているので、
道路を隔て相当離れないと、全体を見渡せないほどの規模なんだよなぁ…。
ドーム型と時計台のミクスチャーが印象的です。


とにかく暑くて、日差しがじりじりと肌を焼く。ついそこまでの距離が長く、歩けない。
体調の危機を感じて、いったんホテルに戻りました (・ω・;)~
真冬の日本からの者にとっては、景色も、気候も、かなりのインパクト。
旅してるなぁ。


続く。





by e-veryday | 2016-03-01 21:24 | | Comments(1)


日々の想いを写真に込めて。     フジオカエリ


by e-veryday

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

ご挨拶
work
日々

東京散歩
小田原・箱根・湘南散歩
☆栃木へ!北関東旅ナビ☆

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

検索

最新のコメント

喜んでいただけて光栄です..
by KYONTARO at 07:38
お疲れ様です(^-^)/..
by konasu705 at 21:31
あけましておめでとうござ..
by e-veryday at 23:16
明けましておめでとうござ..
by 小茄子 at 20:38
新年あけましておめでとう..
by サンパパ at 07:18
徳島といえば「阿波おどり..
by SA21 at 13:02
>SA21さん サンパ..
by e-veryday at 14:25
素敵な紅葉ですね。羨まし..
by サンパパ at 07:41
とても綺麗な紅葉ですね。..
by SA21 at 07:01
>SA21さん、こんばん..
by e-veryday at 19:34

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

テレビ・ラジオ
カメラ

画像一覧